people インタビュー

 

看護スタッフ 生駒千恵子さん

24時間つながるこの世界を、息子にも伝えたい。
メンバーさんとの笑顔の出会いが、家族の絆も深めてくれました。

「小さな子どもがいるから夜勤は難しいかな…」。そんな働くお母さんの悩みに、「全然平気でした!」と爽快な笑顔で答えてくれる女性に出会いました。「ライフゆう」の看護スタッフ・生駒千恵子さん。4歳の息子さんとの暮らしを楽しみながら、月に2~3回の夜勤を交えた週4日の勤務スタイルで働いています。
もともと看護師として病院に勤務していた生駒さんが、重症心身障害者の施設で働くようになったのは、「楽しんでもいいんだ!」という気付きがきっかけだったのだとか。メンバーさん、そしてご家族とともに人生を楽しむ生駒さんの笑顔のストーリーを、一緒にたどってみましょう。

プロフィール

生駒千恵子さん
生駒千恵子さん
千葉県出身。葉山への移住をきっかけにウィンドサーフィンの虜になり、夜勤で看護師をしながら日中は海へ出る生活スタイルを確立。長男出産後、心機一転でみなと舎の重心支援に携わることに。夜勤のやりがい・魅力が忘れられず、家族の理解を得ながら再開しています。

“夜勤専門”の看護師?

もともと千葉県出身の生駒さん。「ライフゆう」のある横須賀・逗子・葉山エリアには縁もゆかりもなかったそうですが、ウィンドサーフィン好きのご主人と出会ったことがきっかけで、結婚とともに葉山に移り住んで来ました。それとともに鎌倉の一般病院に勤めることになりましたが、その勤務スタイルは、“夜勤専門”だったのだとか。
インタビュー風景
「最初の2~3年は常勤でしたが、主人の影響でウィンドサーフィンにハマってしまって(笑)。月に10回ほど、夜勤専門の勤務をしていました。夜勤明けは、髪の毛をギュって縛って『鎌倉の海へ直行!』みたいな暮らしだったんですよ。」

“昼夜逆転”というより、昼夜問わず仕事に趣味に明け暮れる毎日。そんな生活に変化が訪れたのは、息子さんが産まれたとき。産休明け、日勤のみで働くうちに、「違うことがしたい」という気持ちが芽生え始めました。

「10年働いて、ある程度“やった感”があったんです。このまま働くか悩んでいたとき、重心(重度心身障害者の施設)で働いている知り合いの話を聞いて。『たこ焼き焼いた』とか、『お出かけした』とか、すごく楽しそうに話をしてくれました。 「楽しんでもいいんだ!」って思って。そういう人生もあるかな、と、思い切って飛び込んでみました。
」

「重度心身障害者の施設で働く」という看護師として大きな決断。このとき、息子さんは3歳。看護師14年目の春のことでした。

「これでいいんだ」という確信をくれた“笑顔”

「楽しそう」という直感を信じて飛び込んだ重心の世界。でも、自分で選んだ道とはいえ、最初はカルチャーショックにも似た感覚を味わったのだとか。

「やっぱり“生活の場”だったんですよね。メンバーさんは病気を持っているけど、それが当たり前で普通に生活しているので、『これも看護師の仕事なの?』と思うことが、結構あって。」

白衣ではなくジャージを着て、支援スタッフと同じように、時にはメンバーさんの外出に付き添ったり、イベントの準備をしたり。“新しい世界“を受け入れるまでには、葛藤があったと言います。でもそれを乗り越え、「これでいいんだ」と思えたのは、そこに“笑顔”があったから。
支援風景
「メンバーさんもスタッフも、みんな笑ってるんです。ごはんを食べるときも、イベントのときも、必ず誰かが笑っていて。『この世界にいたいな』と思いました。今思うと、病院のときは、患者さんにすごく気を使っていたのかもしれませんね。でも、ここではメンバーさんにも冗談が言えてしまうような、楽さがあって。気を使わなすぎて申し訳ないくらい(笑)、楽しませてもらっています。」

夜を越えて、つながる仕事

重心施設で1年弱の勤務の後、次の職場として、自宅により近い「ライフゆう」を選んだ生駒さん。息子さんが4歳になったことを機に、夜勤を再開する決断をしました。

「夜の状態を知りたい、と思ったんです。日勤だけでは、メンバーさんの24時間の動きがわからなくて、中途半端な感じがしていて。『ライフゆう』は、家が近いという安心感もあったので、思い切って始めてみました。」
16時~翌朝9時半という長時間勤務の上、少人数のため雑務も多く、緊張感も伴う夜勤。月に2~3回とはいえ、妊娠出産期のブランクがあった生駒さんにとっては、体力的にも精神的にも負担が大きかったはず。
でもこの決断は、その後の仕事に、何事にも代え難い価値をもたらしてくれました。
薬出しと注入セットをしている様子
「夜騒いじゃう人や、よく寝ている人、それぞれの夜の状態を知ることで、日勤のとき、『だからこんなに眠そうなんだな』って、自分の頭の中で描けるようになりました。『夜勤の方が困らないように、昼間のうちに解決しておこう』と、これまでできなかった小さな気配りができるようになりましたし、考え方がつながった気がします。」

寝て、起きて、ここはまさに、暮らしの場。メンバーさんにとっての“家”です。「夜勤をやって、もっとメンバーさんと近づけた」と笑顔で語る生駒さんは、看護師としてだけではなく、ひとりの母親としても、新たな気付きを得たようです。

「私も母親なので、『メンバーさんは家族と離れて不安だったんだろうな』と思うんですけど、意外とすぐに、しっかりと自分の世界を築けたりするようです。親が思うより、子どもは強かったりします。ご家族の事情はそれぞれですが、施設に入所するというのは、一人ひとりの自立につながっていきますよね。面会で家族の時間も持てますし、長い目で見ると、家でずっと過ごすより、お互いにとっていいことなのかな、と思います。」

「ママ夜勤行くよ」に、ニヤッ?

「親が思うより、子どもは強い」。この気付きは、息子さんに対しても同じだったと生駒さんは語ります。

夜勤を再開して約半年。小さな息子さんとの暮らしの中で不安を抱えながらのスタートでしたが、旦那さんの協力も得られ、今では家族の暮らしのペースも整ってきました。そして、旦那さんと息子さんは、“男同士の時間”を楽しむようにもなったのだとか。
「最初は『泣いちゃったらどうしよう……』って思ったんですけど、全然平気でした。今では『ママ夜勤行くよ』って言うと、ふたりでニヤッ(笑)って。たぶん、夜勤の夜はふたりだけの内緒の楽しみがあるんだと思います。 息子とパパの関係が深まっているんだろうな、と思いますし、家族の形としても、ときどき離れるくらいのほうがちょうどいいのかもしれません。」

「これからもこの仕事を続けていきたい」と言う生駒さん。メンバーさんたちとの出会いから、息子さんへ伝えたいメッセージも生まれたようです。
メンバーさんと田中さん
「『ママはこういうところで働いているんだよ』と伝えていきたいですし、息子にも、ここに来てメンバーさんたちと接してほしいな、と思います。この前も、コンサート会場で小さい子が怖い顔をしてメンバーさんをみていたという話を聞いたんですが、知らないと確かにびっくりしますよね。『こういう人がいて当たり前』っていう感覚を身につけてほしいな、と思っています。」

「お互い楽しみましょうね」という気持ちで

親御さんに代わり、メンバーさんの暮らしを支える「ライフゆう」の仕事。「責任はすごく感じるけど、気負っていない」と話す生駒さんは、これまでの人生を楽しんできた姿勢そのままに、今の仕事を存分に楽しんでいます。

「『何かあってはいけないな』と思う一方、『お互い楽しみましょうね』という気持ちでやっています。楽しめるのは、やっぱりメンバーさんがよく笑ってくれるから。私も自然に、笑顔になっちゃうんですよね。」

ひとりの母親として、看護師として。昼も夜も「暮らし」に向き合う生駒さんの人生のストーリーは、これからもメンバーさんの笑顔とともに、続いていくことでしょう。
メンバーさんと生駒さん

(2015年取材)

インタビュー一覧

RSS

  • リーダー看護スタッフ 小島陽子さん
    #ゆう #看護師
    リーダー看護スタッフ 小島陽子さん

    通所「ゆう」には医師がいません。看護師がいないと成り立たない、この現場のやりがいについて語ってもらいます!(2013年取材)


  • ケアホームキーパーソン 田辺なおみさん
    #ケアホーム #支援スタッフ #夜勤
    ケアホームキーパーソン 田辺なおみさん

    メンバーさんの心からの「ただいま」が聴きたくて。家庭に近い暮らしを支えるケアホームの仕事に必要なこととは?(2015年取材)


  • 看護スタッフ 生駒千恵子さん
    #ライフゆう #看護師 #夜勤
    看護スタッフ 生駒千恵子さん

    小さな子供がいても、夜勤できちゃう?!夜勤専門の看護師だった生駒さんがみなと舎で働き始めたきっかけに迫ります。(2015年取材)


  • 看護スタッフ 田中有さん
    #ライフゆう #看護師
    看護スタッフ 田中有さん

    僕が看たいのは、病気じゃない!本当の「人を看る」看護ができる場所を求めて…たどり着いたのは福祉の現場でした。(2014年取材)


  • 「ゆう」に通所する小山奈々さん
    #ゆう #ケアホーム
    「ゆう」に通所する小山奈々さん

    奈々さんは、グループホームで生活を始めた日本初の重心の方の一人。「ゆう」に通所するいつもの1日に密着します。(2013年)


  • 「ライフゆう」で暮らす飯干朝菜さん
    #医療ケア #ライフゆう
    「ライフゆう」で暮らす飯干朝菜さん

    自宅から「ライフゆう」に暮らしの場を移したばかりの朝菜さん。医療ケアを受けながらもゆったりと楽しむ1日に密着します。(2014年取材)


  • 対談インタビュー
    #ライフゆう学齢デイ #相談支援員 #保育室
    対談インタビュー

    女性スタッフの比率が8割のみなと舎!妊娠・出産・育児をここで乗り越えてきた二人に、女性の本音を聞かせてもらいます。(2019年取材)


ページトップ